TOP/ 蝦夷農園/ 蝦夷農園の野菜/ 生産工程/ お勧めレシピ/ コラム/ フォトギャラリー

since 1961

蝦夷農園

たとえ一食分でも汚染のない命の糧を・・・

back

農薬の定義

 農薬とは=農作物(樹木および農林産物を含む。)を害する菌、線虫、だに、昆虫、ねずみその他の動植物又はウイルスの防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤その他の薬剤及び農作物等の生理機能の増進または抑制に用いられる成長促進剤、発芽抑制その他の薬剤をいう。
農薬について、農薬取締法では上記のように定めています。つまり、農作物及び農林産物(きのこ類・たけのこ等)の生産性を高めるために使われる薬剤であると言えます。家庭でゴキブリ、ハエ、ダニ等を駆除するために使われる殺虫剤は「農薬」ではなく、あくまで農作物を対象として使われる薬剤を「農薬」と呼びます。

農薬とは・・・

農薬の毒性区分
よく知られているものに急性毒性慢性毒性というものがあります。急性毒性とは一時的に物質を体内に取り込んだときに、短時間のうちに現れる毒性であり、慢性毒性は繰り返し長期にわたって摂取した時に現れる毒性のことを言います。農薬は、前者の急性毒性の強さによって区分されており、特に毒性の強いものは、毒物及び劇物取締り法によって毒物劇薬に指定されており、取り扱いが規制されています。
残留農薬と
 ポストハーベスト
農作物に使われた農薬は、日光や植物体の酸素による分解、蒸発、雨による流亡などにより失消しますが、その一部が農作物にも残留します。これを残留農薬といい、全ての食品において、ADI(人間が一生涯の間、毎日その農薬を摂取しつづけても健康上悪影響の現れない量)による農薬の残留基準が定められています。一方、ポストハーベスト農薬とはポスト=後ハーベスト=収穫という言葉通り、収穫後、散布される農薬のことで、長い距離を輸送するために長期保存の必要がある輸入農産物に広く使用されています。農薬の危険性については、最終的に残留する農薬の量が問題となってくるわけですが、このポストハーベスト農薬は収穫前に散布する農薬に比べて残留しやすいと言われており、国際基準FAO/WHOで残留基準が定められているものの、問題視されている農薬の使用法の一つです。


TOP コラム  農薬とは