TOP/ 蝦夷農園/ 蝦夷農園の野菜/ 生産工程/ お勧めレシピ/ コラム/ フォトギャラリー

since 1961

蝦夷農園

たとえ一食分でも汚染のない命の糧を・・・

玉葱の成分

この辛味苦味成分の効果から、玉ねぎは血液をサラサラにすると言われています。

初めに、玉ねぎの旨味と甘味はブドウ糖などの単糖類からきています。特に多く含まれているオリゴ糖は、熱を加えることによって甘味が強くなります。しかしこれは人体に吸収利用されないので、糖分が気になる人にも安心して摂取することが出来ます。
玉ねぎの辛味は、チオスルフィネート類が原因です。この成分は血糖値コレステロール中性脂肪を下げる働きを持っており、抗血栓作用まであると言われています。加熱するごとに変化するのも特徴で、生の状態では糖分の代謝を促進する効果が、加熱するとトリスルフィドという成分に変化し血液中のコレステロールや中性脂肪の代謝を良くする効果を発揮します。また、更に加熱する(クタクタに煮込んだり、炒めたり)と、セパエンという成分に変化し、トリスルフィドの働きが更に強くなると言われています。

旨味と甘味・そして辛味  

苦味

玉ねぎの苦味は、最近注目されているケルセチンという成分からきています。このケルセチンポリフェノールの一種で数多くの野菜の中でも、特に玉ねぎ、また玉ねぎの中でも特にに大量に含まれていることが分かっています。またケルセチンポリフェノールの中でも特に、脂肪吸収阻害効果が強く体の中の脂肪を外に排出する働きをします。

back

TOP コラム  玉葱の成分